和装の粋と活★

みなさま、こんにちは(^^♪
和歌山県岩出市のビューティーサロンKoKoの本田です。



茶道では春と秋にお茶会が多いですね。

和歌山でも年に2回、和歌山城付近で表・裏合同のお茶会が催されています。

どちらの文化もそれぞれ雅で美しいです(^-^)



20180327115415.jpg



春のお茶会では桜モチーフの和装でいらしている方々が多く、

季節に合った、その時の情景にリンクするコーディネートというのは

見ているこちらも視覚面でとても心躍ります(。>ω<。)



20180327131203.jpg



その一方で、

「和装において季節のものを身に着ける際は、少し先の季節の物を装う」

先取文化が粋とされています。

今の季節で言うと新緑など初夏のものが入っていると◎

これはお食事にも言えて、冬の終わりに春のタケノコ、など「走り」が

これから来たる季節を感じさせてくれますね(^∇^)

未来への導が先進の光を兆すようです。



でも上記したように、私は「今に」フィットしたコーディネートもまた

デザイン的で素敵だなと感じる瞬間も多々あります。



それぞれ、決めつけ、というより、一概念として

臨機応変にとらえていけると良いなと個人的に感じます。

「走り」の先駆ける粋も「最中」の今日を生きる活きもどちらも希がありますね。



はたまた別枠では、

以前、春のお茶会に桜の訪問着でお邪魔をした時、お茶の先生に、



「もう既に桜はここに咲いています。

桜の花を際立たせるために流水や山々といったシンプルな柄が粋よ」



と、アドバイスを頂いたこともあります。

日本文化は足し算より引き算の美学が品のよさを表すこともありますね。

裏の裏の心遣い、これもまた真摯な心配りが見えるポイント(=゚ω゚)ノ



自分が装うにあたっての向くもの・向かないものの嗜好はありますが、

直接的であっても、間接的であっても、足し算であっても、引き算であっても、

それぞれの配慮と心遣いを想えるとより多幸な場が生まれる気がします。



素敵な装いの場。

心と心で微笑みあえるひと時でありますように(^∇^)






☆☆ フィニッシング・マナースクールKoKo ☆☆


大人の女性のための知的でエレガントな所作をお伝えいたします(^-^)/


☆ 美しい立ち居振る舞いコース(全8回)

☆ 美しい姿勢と立ち方・歩き方を学ぶ☆体験レッスン(90分5000円)



エステティック・着付・ジュネルに関しても

お気軽にお問い合わせくださいませ。

http://koko7319.com/



ビューティーサロンKoKo
ご予約お問い合わせは
649-6205
和歌山県 岩出市 森 123-4
0736-67-7319



施術中はお電話に出れない場合もございます。
お手数ですが、留守番電話メッセージを残していただけますと
折り返しご連絡させていただきます。
KoKoのメール・ラインもございますので、お気軽にお問い合わせください。



koko

スポンサーサイト
kokobeauty7319
Posted bykokobeauty7319

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply